ライターによるプレビュー

(ヒット!予感実感)仮想、忘れちゃう現実 プレイステーションVRを体験 2016/02/11

digital.asahi.com

 ゲームを楽しむには、まずヘッドマウントディスプレイと呼ばれる大きなゴーグルのような装置を頭に装着する。つけてみると想像以上に軽く、負担感はほとんどない。各自の頭の大きさに合わせてサイズを調整し固定させるため、ずれることもほとんどない。「全体の重さのバランスも計算して作っているので、さらにずれにくいんです」(広報)。思っていた以上に着け心地はいい
 コントローラーを持って両手を動かすと、ゲームの中でも自分の手が動く。引き出しを開けて、銃を取り出し、弾薬を込める。そして、四方八方から狙ってくる相手の弾に当たらないよう、しゃがんだり、物陰に隠れたりしながら戦う
 次に体験したのは「ジョブシミュレーター」という、オフィスで仕事をしている雰囲気が味わえるゲームだ。マウスを動かしたり、パソコンの電源を入れたり、コーヒーを注いだり。手や体を動かすと、細かい動きが現実世界と同じようにできる。仮想空間であるはずの広いオフィスでしばらく周りを見渡していると、仮想空間だということを忘れて、現実の自分も同じオフィスに立っているように錯覚してしまう不思議な感覚になった。

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160210003758_comm.jpghttp://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160210003752_comm.jpg

 自分の動きと目の前に映し出される映像にズレがないことも、臨場感を高める一つの要因だ。自分が右を向くと、現実の世界と同じように右にある景色が見えるのだが、違和感がない。
 発売は今年上半期を予定しており、価格は未定だ。プレステVRの発売と同時に出てくるゲームタイトル数もまだ公表されていないが、プレステVR用に開発が進められているゲームの数は「毎月のように増えている」(広報)という。

 

ソニーPlayStationのモーフィウスを試してみた―VRヘッドセットがいよいよ何百万の家庭に現れそうだ 2015/04/24

http://jp.techcrunch.com/2015/04/24/20150423hands-on-with-playstations-virtual-reality-headset/

techcrunch.com

www.youtube.com

今週、私はPlayStationの研究開発上級ディレクター、Richard MarksからProject Morpheusと呼ばれるソニーのバーチャル・リアリティー・ヘッドセットのデモを見せてもらった。

デモは2回あり、最初のパートはヘッドセットの能力の概要がわかるイントロだった。表示された情景を見回すと、頭の動きを検知して情景も動く。またDualShock 4コントローラーのモーション・センサーとタッチパッドを使った入力を試した。ここではPlayStationのキュートなロボットたちを操作した。

ソニーのVRで優れているのは位置対応オーディオ機能だ。ゲーム内で音の出るアイテム、たとえば携帯電話を動かすと、ヘッドフォンから出る音がそれに応じて動く。

2 番目のデモは、伝統的なゲーム形式だった。最初のシーンではブロートーチを持った恐ろしげな男が出てきて脅し文句を言う。どうやら薄暗いガレージに閉じ込 められているらしい。つづいてフラッシュバック・シーンになり、PlayStation Moveコントローラー(Wiiコントローラーに似ているが、PS4のカメラが正確に位置をトラッキングできるよう上部に明るい色のランプがついている) を握って古風なデスクの引き出しを開けるとピストルと弾倉がある。ちょっとしたパズルを解いてピストルをゲットすると、シーンは一転してアーケードの一人 称シューティング・ゲームになる。私が今まで体験した中で最高に激しく、興奮させられるゲームだった。

このゲームではつっ立っていると敵の 弾丸に当たりそうになる。私はデスクの陰に隠れた。普通のゲームならコントローラーを操作するところだが、私は中腰に伸び上がってデスクの上に顔を出して 敵を確認した。ピストルの狙いをつけるクロスヘアは表示されない。その代わり、手にしたピストルのサイトを使って狙う。

ライバルのVRヘッ ドセットが強力なコンピュータや表示のためのスマートフォンを必要とするのに対して、ソニーのヘッドセットはPS4で駆動される。最新の PlayStation は基本的に2013年ごろの中位のゲーム・パソコンと同等の能力だから、パフォーマンスに何か問題が出るだろうと私は予想していた。Oculus Dev Kitも含めて、VRヘッドセットはPlay Stationに接続した場合より、GPUを搭載したパソコンに接続した場合の方がはっきり速かった。VRヘッドセットでは頭の位置のトラッキングにレン ダリングが追いつかなかったり、フレーム落ちしたりすると船酔いのような吐き気のもとになる。

しかし、VRシーンのサイズを小さくし、照明 も巧みにレンダリングの負担を抑えるようにデザインされているせいで、PS4のVR体験は非常に快適だった。他のVRヘッドセットでは装着者が見ている情 景を他の人が見ることができなかったり、あるいはステレオ視のための左右分割画像をそのまま表示したりするのに対してソニーはPS4が接続されたテレビに フルスクリーンで通常のゲーム同様に表示する。

最初のデモは毎秒120フレームでレンダリングされている。これは私が見た他のVRデモに比 べて格段に高速だ。そのため動きは非常に自然で、PlayStation 4のカメラによる正確なモーション・トラッキングと合わせて極めて説得力のある快適なVR体験となっていた。

TechCrunchの同僚、 Greg Kumparakが1年前に書いているが、PlayStationが5年も前からMoveコントローラーで積んできた経験は没入的環境の構築のために非常 に大きな優位性をもたらしている。ValveとHTCのヘッドセットも両手に持ったコントローラーをトラッキングする方式で、まずまずの結果を出してい る。Oculusは専用のコントローラーが付属しないので、デベロッパー・コミュニティーはコントローラーや装着者の手をカメラで追うなどさまざまな方式 を試している。しかしソニーの方式はこうした試行錯誤を一挙の飛び越して、標準的なVRコントロール・パッケージの地位を確立するかもしれない。コント ローラーが一つであればデベロッパーは時間と資源を大いに節約できるわけだ。

一方でOculusは座ったままでゲームをプレイすることを主 として考えているため、接続ケーブルはあまり問題にならない。しかしHTC ViveやソニーのMorpheusの場合、立ったり歩きまわったりする(もちろん限定された範囲だが)ため、ケーブルにつまづくという問題が起きる可能 性がある。デモではMarksがケーブルを邪魔にならないように持ってくれた。HTCのViveのデモでは私はケーブルが足にからまないようにするハーネ スを装着した。この問題がさして深刻なハードルになるとは思えないが、「VRゲームでケーブルに躓いて転ぶ」という事故が「WiiのコントローラーをTV に投げつけてしまう」という事故にとって代わるかもしれない。

2000万台以上のPS4がすでに家庭にあることを考えると、ハイエンド・パ ソコンを必要とするライバルに比べて、ソニーははるかに大きな潜在顧客層を持っていることになる。ソニーはMorpheusでこれまでのVRヘッドセット が持っていたハード、ソフトの問題点をほぼすべてクリアしたと感じた。最大の課題は、なんといってもコンテンツだ。ソニーが人気ゲームを揃えることができ れば、VRヘッドセットが何百万という消費者の居間に現れることだろう。ソニーはMorpheusを来年出荷する予定だ。

 

それは印象的でした:PlayStation VRの体験 2015/10/06

www.tomshardware.com

プレイステーションVR、 以前のプロジェクトモーフィアスとして知られているが 、コンソールで使用するために開発されている唯一のVRヘッドセットです。 PSVR HMDは、2016年の前半に起動され、プレイステーション4に直接接続します。

スクリーン・ドアはない

あ なたは、ヘッドセットのスペックを見ると、ディスプレイがすぐそばにあるパソコンのHMDに比較することはできないだろうと思っために許されることになり ます。 プレイステーションVRは、すべての発表のVRのHMDのうち最も低い解像度を誇っています。 HTC、オキュラスなどとの競争とは異なり、プレイステーションVRは、それぞれの目の間で共有される単一の1080pのディスプレイを使用しています。

他 のヘッドセットは、低解像度(「スクリーンドア」効果)であったことを問題を考えると、ほとんどの人は問題がPSVRにおいて悪化すると思うだろう。 これは真実から遠いことができませんでした。 私の頭の上にディスプレイを置く際に、私はすぐに私が見ていたものを忠実に感銘を受けました。 私は「スクリーンドア」のであってもヒントが検出されなかったとグラフィックがくっきりと透明でした。

ロンドンヘイスト

ソ ニーは没入感でロンドンヘイストのデモを披露しました。 この3月、トムのハードウェアのRexlyPeñafloridaIIはチャンスがあったロンドンヘイストを試してみるのが、彼 ​​はゲームの異なる部分を示されました。 私が試してみましたデモでは、あなたがハゲ男によって駆動されるバンの助手席に座っています。 経験の最初の部分のために、あなただけの乗車のために沿っています。 起動するアクションを待っている間、私は車の運転台を探求することを奨励しました。

プ レイステーションムーブコントローラは、非常に正確にトラッキングされ、手のペアは、トラッキングに従って画面に描画されています。 これは、シーン内のオブジェクトを操作するには、ムーブコントローラを使用するために、驚くほど自然な感じ。 ドアが開けることができ、あなたが身を乗り出すと振り返ることができます。無線が上がってすることができ、ステーションが変更されました。 グローブボックスが開き、および内部の私はいくつかの弾倉、空のソーダ缶を発見しました。私は缶を拾って、運転者の頭部に投げました。彼が反応したら素敵 だっただろうが、何も起こりませんでした。

1分かそこらの後、アクションが開始されます。弾丸の弾幕は、フロントウインドウを通してク ラッ シュ来ます。 ドライバは、私がピックアップされ、私たちのと一緒に来る敵に発砲し始めたUZIを、渡されました。 攻撃者は、スポーツバイクとSUVを引き上げ、あなたがそれらを取るためにそれらまたはタイヤを撮影する必要があります。 弾倉がなくなると、あなたはもう一方の手で新たに取り、銃にそれを装填する必要があります。 (弾倉が空になった後だけリロードすると動作しますので、敵の中断があるかどうか、あなたはより多くの車が現れフル弾倉を保証するために空の弾倉を抜く必 要があります。)装甲バンで取り出す時はデモが終了しますフロントとチェーンガンを持つ男は、バックドアを開き、あなたを吹き飛ばします。

私 は離れて完全に感銘を受け、この経験から来ました。低解像度にもかかわらず、画面が非常にはっきりしていました。私はこれが1080ディスプレイで可能で あるか尋ねた、と私は自明であったはずと応答を与えられた:ソニーは何十年ものカメラを作り、経験の開発の光学系を大量に持っているとされています。それ はプレイステーションVRが使用するディスプレイであるように、画像をクリアにするために、ソニーを有効に光学でこの腕前です。

快適さ

ヘッ ドセット自体は非常に軽く、非常にバランスのとれたものです。ストラップの後部には、ヘッドセットのバランスをとるために重しが付けられているとのことで す。会社があなたの頭にヘッドセットを接続するために使用するメカニズムは、同様に、ライバル機種とは全く異なります。それは、それを引き締め調整可能な ダイヤルで、単一のストラップを備えています。 ストラップはむしろ、ヘッドセットと同じレベルであることよりも、角度で座っています。 これは、同社がより良いヘッドセットのバランスを取ることができます。 また、セクションのカップあなたの額を特徴と重量の大部分をサポートしています。

私 は、ヘッドセットの見てきた画像から、私はそれがどのように似て、StarVRヘッドセットのように上向きに反転すると予想しました。しかし、そうではな いことが判明しました。代わりに、ヒンジは、ディスプレイは、ヘッドセットが眼鏡を収容するように移動させることができるスライダーです。私の後にヘッド セットを試した人は眼鏡をかけていましたが、装着する際には何の問題もありませんでした。

ほぼ最終的なデザインか?

提示されているヘッドセットは、来年発売されるものとは異なっているのか、私はソニーに尋ねました。いくつかのマイナーな改良があるだろうと言われたが、それはほぼ終わっています。ただPSVRヘッドセットに接続するケーブルは、おそらく変更されるでしょう。

現状では、ヘッドセットがPS4につながる方法は非常に興味深いです。ソニーは2台のディスプレイに信号を分割して、外部に小さなブレイクアウトボックスを設計しました。私は、PS4がHMD上で正しく動作するよう、映像を歪める重い作業を行うと教えられました。歪められた信号は1本のHDMIケーブルを介してブレークアウトボックスに配信されます。受信した信号はPSVRのHMDに供給され、第2の信号は歪められずにテレビに配信されます。ソニーは、これでディスプレイに表示された画像をミラーリングするか、またはそれは両方のディスプレイに完全に異なるシーンを配信することができると述べ ました。

私は、ソニーは本当にプレイステーションVRで何ができるのかと、かなり懐疑的となっていましたが、信者に変わりました。私は多くのVRの デ モを試す機会を持ちましたが、率直に言って、ロンドンヘイストはこれまでで最高のものであるように感じました。この経験はものすごく楽しくて、偉大なゲームであると見ることができます。これが、我々がプレイステーションVRで見ることが出来るコンテンツのタイプの一例であるならば、私は、このプラットフォームは大きく成功するだろうと思います。私はもっと試したいと待つことができません。

更新:10/8/15 1:20午後PT:これを公開した後、我々は光学と高リフレッシュレートに加えて、プレイステーションVRで使用されるパネルがで発見されていない画素 (RGB)ごとに3つのサブピクセルを備えていることを学びました。これは他のヘッドセットにはないものです。

 

【PGW2015】百聞は1プレイに如かず!PlayStation VR体験レポート&『RIGS』開発者インタビュー 2015/11/09

www.gamespark.jp

先ずは装着感に関してレポート致します。筆者はセルフレームの大ぶりな眼鏡をかけていきましたが、結論から言って装着には全く問題はありませんでした。最初に眼鏡の上からかぶせるようにディスプレイ部分を前方にあて、ベルトを後頭部に回し締めて固定します。装着が完了するとディスプレイ部分を前後に動かし微調整。視線前方に表示されているロゴにピントがあったら準備完了です。

装着しての感想ですが、全体的に軽く、またその重量もバランスよく分散されているせいか重さが一方に偏ったりということはありません。頭を振り回してもディスプレイがズレることはなく、眼鏡の上からでも柔らかなゴム素材のカバーが外界の光を完璧に遮断、ディスプレイの映像が完全に自分の視界となります

心配していたラグもなく、ヘッドトラッキングと視界のシンクロもスムーズ。ゲームの映像が投射されると、没入感や臨場感という使い古された言葉を超えて、自然に「ゲームに入る」という状態に。今思えば当初抱いていたVRに対する懸念はこの時点ですっかり忘れ去っていたようです。

――ヘッドトラッキングと視界のラグを感じないことに驚きました。これはPSVRの基本的な性能として捉えてもよろしいのでしょうか?
Lucas Van Muiswinkel氏: そこに気付いてくれてとても嬉しいです。我々はPSVR本体を開発している日本のチームと関係を非常に密にして、ハードウェアのポテンシャルを使いこなすこと、ハイフレームレートとノーレイテンシーを目指して制作を進めています。これらはシステムソフトウェアにもフィードバックされています
――フレームレートは非常に滑らかですがこれは120fpsですか?
 PS4からのネイティブ出力は両眼60fpsですね。それをPSVR側で120fpsにアップコンバートしています。
――ゲームモードについてですが今回展示された3対3のこの競技以外のものは何かあるのでしょうか?
 今は語ることは出来ませんが勿論これ以外のモードも開発を進めています。基本的にスポーツのドラマティックさを感じられるモードになるでしょう。詳しくはまた近い将来またお話しましょう。
――機体の武装や見た目のカスタマイズはどうでしょうか?
 先ず機体にはクラスとアビリティーがあり、さらに計2種の武装を搭載出来ます。また機体も重量やサイズの違いで複数種あります。これらは自由にカスタマイズ出来、プレイヤーのプレイスタイルにあった機体でロードアウト出来るようになるかと思います。
――これはパッケージ販売ですか?それともダウンロード販売、或いはPSVRについてくるデモソフトの一つなのでしょうか?
 それについてもあらゆるオプションで検討中です。その辺も決まり次第お知らせいたします。

 

ゲーマーのためのプレイステーションVRプレビュー 2016/02/08

www.pocket-lint.com

その初期の大半については、VRへのソニーの進出は、コードネーム:プロジェクトモーフィアスでした。 しかし9月には、東京ゲームショウの際、最初のヘッドセットプレイステーションVRの、おそらく明白な名称を与えました。

製 品は、いいえ全く変わっていない - 少なくともないようにする前にプロジェクトモーフィアスを経験した誰もが気づくだろうと。 私たちは、今年後半に製品の発売を来て何を期待するのまともな印象を持っていることは、それが容易になり、したがって、我々はのために保存し、ほとんどの マスマーケット、フルVRヘッドセットであると思われるものに私たちの現在の考えを明らかにする準備ができて感じますスマートフォンで動作するもの。

我々 は、プレイステーションVRのいくつかのゲームをプレイし、この2年間で、ヘッドセットを通して見たいくつかのかなり興味深い経験にpartakenまし た。我々はまた、我々はそれが最終的に公共の消費のための準備ができたとき、それは成功になると思うかどうかについて、いくつかの興味深いアイデアを持っ ています。 うまくいけば、それはすべて、この大規模なプレビューで明らかになるであろう。

プレイステーションVRのハードウェア

ま だ、まだ正確なリリースの詳細は明らかにされるべきで、それはあなたがボックス内に取得します正確に何を突き止めるのは難しいです。 私たちは今の最終ビルドを見てきたどの - - 私たちは、ヘッドセットが含まれることを知っているが、コントローラやその他の付属品のためとして、それが見られることを残ります。

確実な ことは、プレイステーションVRは外部モーショントラッキングを扱うプレイステーションカメラで、PS4にヘッドセットをリンクする別のメディアボックス の使用を必要とすることです。 私たちが最もデモの際に使用した制御システムは、2つのプレイステーション移動コントローラ、数年前にPS3のために立ち上げ、同じデバイスの形式で提供 されます - ので、それらのための使用は、すべての後にあります。

また、従来のPS4ステアリングホイールを使用して、DriveClub、ドライビングゲームをプレイしました。 1つまたは2つの機会に、デュアルショック4は、選択された制御装置でした。

プレイステーションVRのヘッドセット

同業他社とは異なり、プレイステーションVRヘッドセットは、サイエンスフィクションから何かのように見えます。 それは光るLEDパネルとパッ線で、スタイルで宇宙時代と未来的です。

また、頭の周りにフィットするのではなく、トップストラップを備えていますので、側面と背面にタイトに感じています。 それはしかし、調整可能で、画面と処理ユニットは、そこに多くの他のすべてのVRデバイスのように、あなたの目を包む箱です。

私たちは正直している場合、それはオキュラスリフトのコンシューマビルドで少し重く感じ、そこにバンドでアイピースとパディングの周りの柔らかいリムですが、。 仕様がついにリリースされたときには、最大スタックかどうかは、我々が参照する必要があります。

ヘッドセットは、レンズは、多くのVRヘッドセットのように、ユニット全体を締めとすることにより鮮明な画像のための正確な距離であることを確認するために微調整することができ、同時にメガネを着用することが可能です。

技 術的には、画面の解像度は、公衆に今年利用できるようになります他の人ほど良くはありません。 それぞれの目のためにそのように960 x 1080 - プレイステーションVRは、単一の1920×1080のフルHD有機ELパネルを使用しています。 いくつかのライバルは、それぞれの目のために、より高い解像度と異なるパネルを使用しています。

しかし、解像度を制限することによって - 120FPSのフレームレートを維持することができるヘッドセットを - と、それに直面させ、PS4はとにかく1080pビデオを出力することができるだけです。 あなたが技術的にゲームはまだコンソール上で60fpsの時に実行し、ヘッドセットのためにアップコンバートする可能性があるものの、オキュラスリフト は、90Hzの(90fps)でリフレッシュすることを考えるとそれは素晴らしいです。

アップコンバートか、画面上のアクションは、した がって、それは少し他のデバイスであることを鮮明に見える場合でも、スムーズなように見える可能性があります。 私たちは、セッションの開始時に注目画素をしましたしながら、我々はすぐに彼らはそこに驚嘆代わりに行動であることを忘れ。

我々はプレイス テーションVRを経験したときはいつでも不思議なことに、私たちは常に別の、サードパーティ製の仮想サラウンドヘッドフォンを着用しなければなりませんで した。 それは大丈夫だが、ヘッドセットとヘッドフォンを組み合わせることで、よりエレガントな解決策だったでしょう。 、手首の周りに移動コントローラを入れてヘッドセットを調整した後、ヘッドフォンを着用しての行為で、それはあなただけでゲームをプレイするたびに通過す る必要があり、非常に不器用なプロセスです。

他の人の助けを推奨しますが、私たちは、一人では、それはちょうど約なんとかだと思いますさ。

す べてのプレイステーションVRの前面と背面の上のLEDストリップライトは、ちょうどショーのためではありません。 プレイステーション移動コントローラのように、彼らは頭の位置を追跡するためにプレイステーションカメラで動作します。 これは、バイザーの前に追加のLEDストリップが今そこにあるという点で、あなたは消費者プレイステーションVRヘッドセットと以前のプロジェクトモー フィアスの1の最大の美的違いに気づくことはここにあります。 これは、より高精度なトラッキングを行う必要があります。

プレイステーションVRコントローラ

外 部接続ボックスで、それが理解されている - - PS4とプレイステーションVRヘッドセットリンクとして当然のことながら、自然に所有者が手にデュアルショック4コントローラを持っているという事実を フルに活用するいくつかのゲームがあります。 私たちは、実際に過去にデモ(台所)のための1つを使用しました、それはまた、ゲームパッドのモーションコントロールの側面を利用しました。

また、許可されたPS4のレーシングホイールを使用してDriveClubのVRバージョンを演奏し、バケットシートに座っていました。

しかし、多くのVRの経験や専用のゲームで使用されるコントローラは最後に、彼らのために使用が今2Dモーションゲーム自体は早死に死亡したことがありますもともとプレイステーション3用に設計されたプレイステーションムーブモーションコントローラです。

二 つのプレイステーションムーブコントローラは、仮想世界の中に両手を反映するために、多くの場合よりも多く使用されています。 彼らは、プレイステーションカメラによって実空間にピックアップされ、各バトン、の端にLEDボールを光る特徴とし、それらを使用して作られた動きの間に はほとんど待ち時間は(1フレームは、それが言われている)ので、動きはnigh-があるのですゲームやインタラクティブな体験で瞬時に。

各ムーブコントローラは、ジャイロスコープと加速度だけでなく、視覚的なボールを備えています。 内部の磁界センサがあります。

また、合計で7ボタンを備えていますが、VRの目的のために最も有用なものは下側のトリガです。 これは、ゲーム開発者が手閉鎖ジェスチャーを認識するのに役立ちます。 また、他のジェスチャー制御のために使用することができる親指が配置される上部のボタンがあります。

私 たちは、ムーブコントローラがもう少し限定された使用することオキュラスTouchやHTC Viveの警棒よりであることがわかってきましたが、彼らはすでに利用可能で検討し、多くの場合、すでにプレイステーションファンの引き出しに座って、彼 らがすることができることは素晴らしいことです掘ったともう一度使用。

プレイステーションVRセンサー

また、加速度計とジャイロスコープを持っています - - システムがプレイステーションVR上のLEDをトラッキングし、コントローラを移動するためのプレイステーションカメラの使用を必要とするだけでなく、ワンド内のセンサやヘッドセットなど。

繰 り返しますが、これは既に存在しており、すでに多くのPS4所有者によって使用されるデバイスです。 それはおそらくプレイステーションVRヘルメットの箱に含まれるが、約£40でもかなり安価であるだろう。 また、VRの外の他のPS4ゲームや機能のために使用し、チャット、音声制御のためと、ゲーム内の内蔵マイクが付属していますすることができます。

そのため、すでに利用可能なサードパーティ製のアクセサリーがたくさん、壁にマウントテレビの上部またはデスクトップスタンドとして機能する手助けする、あまりにもあります。

プレイステーションVRリリース日と価格

ソ ニーから来ているリリース日の唯一の公式の指標はこれまでのところ、それは「2016年の前半」に表示されていることを述べています。 しかし、それは正式にそれがその後のカップルを出荷してプリオーダーのために利用できるかもしれない月曜日13日の夕方になる可能性が高いソニーの記者会 見で14-15から実行月にE3、中に発売されるという強い気持ちがあります週間の後に。 それが効果的に右の今年上半期のカスプでそれを配置します。

それは一見、我々はこれまでに聞いた唯一の主要なリークによってバックアップされた日付です。 そのリストは撤回された前の1月には、スイスの小売業者は、それが6月30日から利用できるようになると主張しました。

小売業者はまた、価格は直接£347のように変換さ498スイスフラン、であることを示唆しました。

そ れはただの小売業者によって野生の推測かもしれないが、それはあまりにも信じられないほどではないですが。 オキュラスリフトは£500の小売ますが、ソニーは巻取りを奨励するために、ハードウェアより多くの助成金を支給することであった場合は、プレイステー ションVRがさらにPS4の販売とその後のソフトウェアを運転できる考えると、それは驚きではないでしょう。

プレイステーションVRのハードウェア要件

す なわちアキュラスの裂け目とHTC Viveの - - ライバルVRヘッドセットとは異なり、プレイステーションVRが実行するようにがっしりした体格のPCを必要としません。 代わりに、標準のプレイステーション4のコンソールで動作します。 少なくとも、それは私たちが信じるように導かれてきたものです。

我々は、しかし上に述べたように、最終消費者のヘッドセットはまた、プレイステーション4にフックアップされます別々の処理箱が付属してする可能性があります。

確かに、別のメディアボックスは、我々が行ったすべてのデモで存在していた、と言ってもデザインのミニPS4のように見えます。 コンソールに動き信号を返送しながら、それは、ヘッドセットに電源とビデオを提供しています。

我々はまた、これまで見てきたすべてのものから、あなたは私たちのデモの大半で使用されるサードパーティ製の缶で、バーチャルサラウンドヘッドフォンのまともなペアが必要になります。 ソニーはPS4互換性のあるペアが含まれる場合がありますが、我々はそれを疑います。

プレイステーションVRゲームやコンテンツ

そ のルーツを考慮すると、発表されています私たちが持っていたデモや追加のプレイステーションVRソフトウェアの膨大な数は、これまでゲームを中心としまし た。 HTC Viveのとオキュラスリフトもゲームを超えたエンターテインメント意味でもてはやされているが、PS VRは、主にゲームの付属品として見られています。

これらは、私たちがこれまでに試したゲームのいくつかに私たちの思考です。 私たちは、いずれかまたはすべてがタイトルを起動するかどうかわからない、とありました他のいくつかは、我々がしようとするまだだことを発表しました。 これらは、しかし、あなたにいくつかのアイデアを与える必要があります。

プレイステーションVR:キッチン

少 なくともそれを経験したか、そうする他の誰かを目撃した人々の間で - キッチンは、E3 2015の最大の話のポイントの一つとなりました。 むしろのような実際のゲームよりも、それは我々が20分クロストレーニングを費やしていた場合よりも多くのレース文字通り私たちの心を持っていたカプコン ことにより、コンセプトの証明です。

あなたがあなたの隣に床に縛ら別の男と、だらしない、汚い地下室で椅子に縛ら始めます。 あなたが見て回ることができますが、ビューが限られている - あなたは椅子に縛らしている、特にとして、あなたの後ろに。 それは非常にのこぎりやホステルと率直に言って石化です。 我々は徹底的に私たちはほとんどが上映を通して笑ったものの、他の人が叫んだ(あなた自身いくつかの時間に行く持って取得する可能性があるとして、ここに はネタバレを)それを楽しみました。

それは純粋にその怖いです。

プレイステーションVR:ロンドンヘイスト

年齢古いプレイステーションのゲームゲッタウェイに基づき、ロンドンヘイストは今年後半に来ているイギリスのギャング犯罪です。

あなたは貴重な宝石を盗もうとしている大邸宅で暴力団やその他によって追求されて逃走車で1 - 私たちに利用できるデモは、これまでのゲームの2つの特定のセクションが含まれていました。

2 の最高のバイクライダーとSUVの他の敵によって時に設定されている間、私たちは、離れて銀行業務からのカーレースの助手席に座っていたものでした。 私たちは、ゲーム内のウジを撮影し、それらを派遣し、ピックアップし、道に沿って弾丸の雑誌をリロードする必要がありました。 私たちが愛した特定の一態様は、車のドアを開いて、物理的に私たちの後ろの敵を派遣する車の後ろに外を見るためにできることでした。

他のレベルは、私たちに発射敵として机の後ろのアヒルの能力と、立ち位置から再生されました。 私たちは、アウトピアおよびそれらに戻って発射する可能性があります。 天国は、それが現実の世界の人々にどのように見えるかを知っているが、それはとても楽しいでした。

プレイステーションVR:EVE:ヴァルキリー

オキュラスリフト、EVEのように:ヴァルキリーはあまりにプレイステーションVRに期待されています。 それはあなたが刺すように寒い戦闘機のクラフトのパイロットであり、空間戦闘ゲームです。

そこEVEで約絶賛するくらいです:ヴァルキリーは、私たちはリフトで簡単にゲームをプレイするたびに、我々が見られるように我々が足の仮想ペアを見ることができ、私たちのPS VR EVEデモ中の時間の多くは事実で不思議に費やされました船のコックピット。

これは、経験を接地するのに役立ちます。 仮想世界で自分の部分を見て、それはあなたが実際にそこにあるような錯覚をするのに役立ちます。

当然のことながら、あまりにも離れて感動の周りに吹いて敵をビュン、しかし、最初に我々はあなたがCCPが含まれている周囲の詳細で、同じように驚かれることでしょう疑いがあります。

プレイステーションVR:DriveClub

ソニーは昨年よりもむしろドイツの早いゲームズコム10月にパリ大会ウィークに出展することを決定し、我々は、ヘッドセットを通して見られるようにDriveClubで15分のセッションを持つようになりました。

不思議なことに、私たちは、ドライビングゲームがあらかじめプレイステーションVRになる可能性がどのように良いtwiggedことがなかったが、それは、そのような自然なフィット感を思われます。 それは本当に明らかです。

あなたは、その既存の2D形式でDriveClubを好きかどうか、それはプレイステーションVRヘッドセットを介して、非常に異なる獣になります。

レースの席で、まともなステアリングホイールとペダルを付属の後ろに座っている間、我々はそれを果たしたが、多くの経験が確かにあってもデュアルショック4で楽しいようであったであろう、私たち自身がやって見つかった本能的なものは同じだったでしょう。

PS4 またはXbox One上で私たちを助けていますし、任意のドライビングゲームで当社に対してレースしている誰もが、我々は優位性のためにダッシュで他の車を介して我々の 方法を割り込むしたいことを知っています。 上のヘッドセットで再生するときしかし、我々ははるかに敬意を私たちの周りの車になるようになりました。

対戦相手は、はるかに有形ので、現実的に思えたので、彼らはむしろ私たちが実際に接触しないようにしようと、彼らと鈍化ステアリング障壁としてそれらを使用するよりも、コーナーを取るために減速したとき。

VR の経験が私たちに与えたもう一つの奇妙な、より現実世界駆動効果がはるかに効果的にコーナーを手助けしてくれました。 従来のレースゲームで現実的ではない何かを - 任意のドライバは実際の車の中でコーナーを取るしようとしているとき、彼らは旅行しようとしている方向に向かって見ていきます。

我々はまた、我々は、コーナーに近づくとはるかに早くブレーキを押すと、終了時にはるかに迅速に加速した。他の本能がでキックを許可するので、すべての時間をしました。 基本的に、私たちはより良いレーシングドライバーになりました。

プレイステーションVR:プレイルームVR

の は、正直言ってみましょう、PS4上のプレイルーム - プレイステーションカメラでうまく働い含まローンチタイトルの一つであった - ビットまあまあでした。 しばらくの間でウロウロするのは楽しいでしたが、より多くのゲームよりもハイテクのデモのように思えました。

しかし、プレイステーションVRに、それはかなり違ったものになる可能性があります。

仮 想現実のミニゲームで飛び散った、何かが、それは、ヘッドセット自体に含まれるタイトルであるかもしれないを教えてくれる。 確かに、我々はコレクションからプレイした1つのゲーム - 猫とマウス - あなたがVRヘッドセットは、経験を向上させることができますどのように家族全員を表示するために外に出たいものの一種のように思えます。

それには、ヘッドセットを装着した人はロボット猫ですと4他のプレイヤーが存在するマウスです。 マウスは、猫がネットカーテンに隠れながらチーズを収集周りに実行する必要があります。

特 定のマウスを見て、前方に突進することにより、ヘッドセット着用者がそれらをキャッチし、エクスプロイトを盗んで自分のチーズを停止することができます。 猫が再び消えるまでのマウスは、それぞれが従来のコントローラを使用する人、考え、缶または他の家庭の包装の下に隠すことができます。

それは間違いなく楽しいとシンプルなゲームプレイは、誰もが外出を持つことができることを意味します。 それは我々が感じる、しかしVRのための主要なドライバではありません。

プレイステーションVR:現在の課題

そのプレイステーションVRヘッドセットでは、ソニーは、それぞれのデバイスとのオキュラスとHTC /バルブの上に明確な利点を持っています。 それはすでにそれを実行するために必要な機器と広大なユーザーベースを持っています。

他の企業の両方がに投資することはないに千ポンドを何百もの費用がかかるがっしりした体格のPCのセットアップを、所有する消費者を必要とする。プレイステーション4は、その価格の割合である3600万台は、世界中の家庭ですでに存在します。

もちろん、仮想現実に興味がある人に属しているものの数はそれよりもはるかに小さくなりますが、非常に強い立場にプットにソニーを誘惑するような大規模な潜在的な視聴者を持っています。

何それはしかしに煮詰めるますと、価格です。 オキュラスリフトは£500で、高価であり、そしてHTC Viveのは、おそらく同様の球場になりますが、それらは両方の最高の体験トップドルを支払うために使用されている観客に投げています。

多くのPCゲーマーは喜んで、多くの場合、彼らの趣味に現金を飛散することができます。

プ レイステーション4は、オールラウンドの安価な代替であるため、より多くのマス市場の魅力を持っています。 そこに大きなを費やすことをいとわないPS4sと熱心なゲーマーの多くが間違いなくありますが、プレイステーションVRを成功させるために、ソニーはより 広い市場でそれを目指す必要があります。

つまり、価格の点式の本質的な部分になります。 我々はVRは、我々は今年期待したい方法で離陸を参照するなら、それがダウンしてソニーは、そのヘッドセットの上に置い値札にある可能性があります。 それは実際に違いを作ることができます。

ファースト・インプレッション

今年出てきているすべての仮想現実ヘッドセットのうち、プレイステーションVRは、最も技術的に高度な、あるいは最高のソフトウェアの観点ではサポートされなくなります。 両方の比喩と文字通り - それはしかし、上の最も目を持っていますいずれかになります。

専用の少数派を目指すのではなく、それは現時点では、ゲームの最大の大多数のために設計されて、からです。 PS4ファンは多種多様です。

そのため、それは私たちにとって最もエキサイティングな見通しです。 我々はすでにそれを実行すると、セットアップが簡単でな​​ければならない必要な機器を持っています。

我々はこれまで見てきたゲームのほとんどはまた、VRの簡単な形式のために設計されている - それらのほとんどは、私たちが座ってきた中で - 私たちもそれを最大限に活用するために大規模なプレイエリアを必要としません。

はい、私たちは、むしろ私たちのためにオキュラスリフトとHTC Viveのが、VRのような高解像度の画面では、リビングルームのエンターテイメント体験であろうと、寝室や勉強に限定すべきではありません。

私たちのPS4がベースとプレイステーションVRが異なる見通しである理由だとされているところです。 私達はちょうどリーズナブルな価格ポイントのためにすべてを横断しています。