読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Golem" 「ゴーレム」 PlayStation VR 個人的に注目のゲームタイトル

(2017/04/28)この2月、プロジェクトに大きな動きがありましたので、改めて記事を書きました。

 

昨年、PSXのショウリールで久しぶりに映像が出た"Golem" (ゴーレム)は、グラフィックがより美しくなっていて開発が進んでいることに安堵したものです。

https://youtu.be/YE-eOkIXLxw?t=1m6s

ゲームの発売日は依然不明なままですが、それよりももっとファンが気を揉んでいるプロジェクトがありました。

それは、ゲーム本編の前日譚を音楽アルバムで表現しようという試みで、クラウドファンディングで資金集めに成功していましたが予定された2016年秋を過ぎてもほとんど音沙汰がなかったのでした。

動きが見えたのが冬ごろ、音楽収録にバッカーを招待する約束を果たすことが告知されましたが、その後は再び沈黙し、この2月になってようやく楽曲の抜粋がバッカーに紹介されました。

3曲のそれぞれ1分ほどの抜粋で、タイトルもストーリーに関わるために仮題とされ、報告ではまだまだミキシング段階であるらしく、やはりアルバムが完成するのはまだまだ遠いなと思われました。

しかしながら、その3つの曲のほんの一部でしたが、いかにも壮大で、華麗且つ繊細な生楽器の音色に圧倒され、経験豊かで素晴らしい楽曲を創ってきた作曲家の力量に感嘆し、これならば間違いなく、「本格的な物語のあるVRゲーム」「感情移入できるVRゲーム」がやがて完成するだろうとの期待を持つことができました。

残念なことに、日本のバッカーはわずか4人。情報もなく致し方ないことではありますが、冒頭にリンクしたPlayStation公式のシズルトレーラーに採用されているくらいですから、もっと注目されてよいと思います。

f:id:keepitreal:20170428205705j:plain

us8.campaign-archive1.com

幸いなことに、作曲家本人が協賛するこちらのサイトから三曲を聴くことが出来ます。

 

 

 

以下は過去の記事です。

※(03/11)PSVRと通常のモニターの両方でプレイ出来る、ゲームモードの切替について言及されました。去年12月の別媒体の記事で既に記述があります。

また、本編の前日譚としての音楽制作について、KickStarterでのクラウドファンディングが開始されました。(こちらは記事の最後に掲載しました)

※(03/09)移動と操作の手法について、開発者の解説動画がアップされました。

※(03/08)新たに、巨大なゴーレムになって剣を振るう動画が公開されましたので、下方に追加しました。

 

"Golem" (ゴーレム)は、PlayStation VR のゲームで最も想像力を刺激されるタイトルです。

元HALOのベテラン開発者たちが全く新しいゲーム体験を創ろうと、小さな会社を興してVR ゲームの可能性を探っています。

昨年末からメディアの体験取材が解禁された模様で、新しい映像はほとんどないものの、実は新しいVRゲーミングの文法が生まれていることがわかってきました。

続きを読む

発売日未発表のPSVRタイトル

 

Virtual Reality News

2016/10/10

10月7日、ボストンのMITで開幕した‘Reality, Virtually, Hackathon!’にはVRビッグ3の開発者達も出席していますが、SIEではリチャード・マークス氏が講演を行いました。テーマはもちろんPlayStation VR についてであり、終了後にはPSVRデモの体験も実施されました。

www.periscope.tv

興味深いのはデモのコンテンツに、約10か月ぶりに見る技術デモ「Disc Batttle」があったことです。

youtu.be

初出は2015年のPSX、PS VRのステージ・デモンストレーションで颯爽と披露されましたが、非常に残念なことにトラッキングとPSカメラの誤認識が重なって半分失敗に終わりました(率直に言って現在のVR機器の特殊な環境下での使用には、かなり無理があります)。しかしこれは、技術として非常に重要な、以下のような可能性を示したものでした。

PlayStation VR 今後の展開を予測する - PlayStation VR 情報まとめ

上記エントリーに書いた通りです。

PSMoveのハードウェア的限界をソフトウェア的にいかに乗り越え、より安定した動作で、しかも先進的なVR体験を保証していくのか。VRのホームエンターテインメントシステムを標榜するPSVRには、この両極を同時に解決するという、大変に難しいバランス感覚が求められます。ローンチを数日後に控えた今、私が最も注意を払っている点です。


今回、短い動画からは変更点は分かりませんでしたが、Disc Battleが目指していたいくつかの技術的目標に到達、或はPSVRローンチ後の実装に道筋がついたのかもしれません。

3月のGDCから公表であったソーシャルVRデモの実現にも大きく関わる、Disc Battle の再演は、PSVRローンチ後からのVR利用の大きな広がりを期待させます。

f:id:keepitreal:20161010013246j:plain f:id:keepitreal:20161010013259j:plain

 

2016/09/30

manuals.playstation.net

期待していたIPD調整はソフトウェア、且つローンチ対応するようです。パテントで出ているように、映像をレンダリングしてレスポンスする、それがフィードバックされレンダリング…という手法だと思われます。PSID紐付けに関しては明記されていませんが、ユーザーで記録されているでしょう。またこれらの個別的な光学的特徴への対応等は、デバイス自体のソフトウェアの更新によって機能追加・補填されます。安全面への配慮としてのシャペロンシステムは今のところ、コンテンツ毎に開発者のゲームデザインに一任という形ですが、デフォルトの三角のエラー表示があまりに味気なく、没入感を壊します。例えば「プレイエリアの設定・表示」のような設定項目でPS VR独自のグラフィカルでわかりやすい安全表示が望まれます。コンテンツでいうと、Farpointの表示は世界観に合っていると感じました。

 

2016/06/18

www.4gamer.net

2016/06/15

E3 2016にあわせて開催されたPlayStationカンファレンスは例年以上に話題を集めましたが、その中で、PlayStation VRの北米における発売日と開発中のいくつかのタイトルが発表されました。また、プレイアブルデモとして12タイトルが展示されています。

PS VRの発売日については、北米・日本・欧州すべてが今年の10月13日となっています。今のところは、可能な限り同一のタイミングでユーザーに届けたい、というSIE関係者の願望通りに進んでいるようです。

更に、北米のビデオゲーム小売店や、日本のソニーストア等でプレイアブル展示が開催されることもウェブサイトで発表されています。

E3会場では、以前デモ展示され、このところ引っ込められていたFPSタイトルが、新規開発のPlayStation VR Aim Controllerとともに登場し、早速プレイアブルデモがお披露目されています。

 

This is the future of gaming kids! #e32016 #sony #farpoint

Ryan Adzaさん(@spazda1)が投稿した動画 -

この 'Farpoint' で使用されている新しいコントローラーはPlayStation VR 専用に開発され、今後、PS VRのガン・シューティングに全面的に採用されていく予定です。

f:id:keepitreal:20160615163951j:plain

f:id:keepitreal:20160615164002j:plain f:id:keepitreal:20160615164011j:plain

 

SIEJAより、特に日本のユーザーへ向けたPR動画も公開されています。

youtu.be

続きを読む
広告を非表示にする

PlayStation VR 国内の体験会・展示会などのお知らせ【2016】

2016年6月16日(木)~10月30日(日)11:00~19:00

ソニーストア PlayStation VR 特別体験会&先行予約販売」

www.sony.jp

※9/13(火)10時から、9/21(水)~10/12(水)までの体験会 予約受付を開始しました

 

実店舗・オンラインショップでの予約購入:

www.jp.playstation.com

※9月24日(土)より順次予約再開となります。予約の詳細については各店舗にお問い合わせください。

 

ソニーストアでのウェブ購入:

http://www.sony.jp/playstation/psvr/

9月24日(土)9時より、上記ページにて予約受付を再開。

以下、注意事項。

※お1人様1台限りのご購入となります。2台以上注文された場合、すべてのご注文を「キャンセル」させていただきますので、予めご了承ください。

※数に限りがございます。予めご了承ください。

※決済方法はクレジットカード支払いのみです

※「ゲームアクセサリー/ソフトウェアに使える3%OFFクーポン」は適用外です。

※購入にはMy Sony IDが必須です

<対象年齢>

PlayStation VRの対象年齢は12歳以上です。

12歳未満のお子様はVRヘッドセットをお使いいただけません。

<必要機器>

PS VRをプレイするためには、以下の機器が必要です。

PlayStation 4

PlayStation Camera

 

注意事項(7月15日更新)。

※7月23日(土)~8月5日(金)の体験予約を受け付け開始しました。

※7月23日(土)~8月31日(水)までの体験会、体験会&先行予約販売のスケジュールを発表しました。7/15(金)10時から、7/23(土)~8/5(金)の体験予約を受け付けます。

※7月6日(水)15時から、7月11日(月)~22日(月)までの体験会の予約受付を開始します。

※上記日程は、全て「特別体験会」です。「特別体験会&予約販売」ではありません。

7月23日(土)以降の予約は、決まり次第、ウェブサイトにてご案内します。

※6月21日に次の日程の予約が開始されます。

 

ソニーストア 銀座・名古屋・大阪・福岡天神 6月18日(土) / 19(日) / 25(土) / 26(日) 体験者専用・オンライン購入希望者用「購入申し込み」ページ。

当日店舗にて購入した方以外はこちら。 

http://www.sony.jp/store/retail/event/psvr/agree/

 

2016年6月18日(土)~10月30日(日) 店舗営業時間に準ずる

「全国小売店舗 PlayStation VR 体験会」

www.jp.playstation.com

f:id:keepitreal:20160615164940j:plain

 

 

2016年9月24日(土)~10月30日(日)11:00~18:00

「"PlayStation 祭(まつり) 2016 秋"  PS VR試遊体験」

www.jp.playstation.com

<日程/会場/住所>

・名古屋会場 9月24日(土) / ナディアパークデザインホール(愛知県名古屋市中区栄3-18-1)

・福岡会場 10月2日(日) / スカラエスパシオ(福岡県福岡市中央区渡辺通4-8-28)

・大阪会場 10月9日(日) / 堂島リバーフォーラム(大阪府大阪市福島区福島1-1-17)

・札幌会場 10月30日(日) / サッポロファクトリーホール(北海道札幌市中央区北2条東3丁目サッポロファクトリー)

 

※入場には、Sony Entertainment Network アカウント(SENアカウント)が必要です。会場受付でSENアカウントをQRコード化し、専用端末にかざし「チェックイン」します。

※試遊の事前予約者が優先的に入場出来ます。

※PS VRの試遊体験は、全会場・全時間帯が事前予約制です。

※事前予約はPlayStation Plus加入者だけが対象です。

※事前予約の受付は、各会場開催日の前日迄です。

 

◆試遊体験予約はこちらの会場別ボタンをクリック PlayStation Plusに加入する必要があります

www.jp.playstation.com

体験会内容:(変更の可能性有) 最大12タイトル

Rez Infinite

バイオハザード7 レジデント イービル

初音ミク VRフューチャーライブ

DRIVECLUB VR

Farpoint(仮)

PlayStation VR WORLDS

RIGS Machine Combat League

V!勇者のくせになまいきだR

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション

イーグルフライト

バットマンアーカム VR

 

 

続きを読む

PlayStation VR ゲーム ローンチ及び開発中タイトル

PlayStation VR ゲーム網羅リスト

ローンチ・タイトル(~2016年分、太字は確認済)

THE PLAYROOM VR  ("Bedroom Robots" "Monster Escape" "Ghost House" "Cat'n Mouse" "Wanted" "Robot Rescue")

The Assembly

Battlezone

続きを読む

E3 2016 他 PlayStation VR ゲームタイトルのティーザー、トレーラー、プレイ動画集

PlayStation VR のゲームタイトルは、発表されているもので既に100タイトルを超えています。世界各地でのハンズオンでプレイされた、PSVRコンテンツの内容が窺える動画を集めていきます。

f:id:keepitreal:20160619153857j:plain

 

DRIVECLUB VR

f:id:keepitreal:20160729223318j:plain

https://youtu.be/TeUhwEXFeyE?t=6m44s

 

www.youtube.com

続きを読む

SONY - VR前史・HMZシリーズとその周辺

何事にも始まりがあり、SONYが例えば家庭用ゲーム機開発に乗り出すよりずっと以前から、コンピューターゲームの歴史は紡がれてきました。ただ、ヘッドマウントディスプレイ、あるいはヘッドアップディスプレイといったジャンルでは、具体的に製品化を推進してきた業界の先駆者であることも事実です。そこで簡単にですが、SONYが手掛けてきたVR/AR機器について概観してみます。

続きを読む

PlayStation VR 今後の展開を予測する

2016/06/18

PlayStation VRの発売日が発表されたPlayStationカンファレンスで並み居るビッグタイトルと同等に大きく紹介され、E3 2016で最も注目を浴びることとなったVRゲームの一つ、'Farpoint'。動画集のエントリーに動画を集めましたが、大きなスペースを占有し、火星のような砂漠背景のセットの前で直観的なシューティングプレイを見せつけています。

f:id:keepitreal:20160618221739j:plain

実際にはDS4でプレイすることも可能ですが、ここまでフィーチャーした理由は、"PlayStation VR Aim Controller"というPSVR 第三のコントローラーのお披露目にあります。

SIEが、インディーズ・デベロッパーであるFarpointの開発者とともに、PlayStation VRにおけるガン・シューティングの可能性を探っていたとき、はじめはPS3のガン・ペリフェラル"Move シャープ・シューター"をハードウェアはそのまま利用して作り上げたのが、前身のタイトル'The Refuge'でした。昨年のE3で登場し、プレス関係者には結構良い評判だったようです。

それが本年、いよいよPlayStation VRローンチのE3では、満を持して「新規開発のガン・コントローラー」とともに華々しく再登場したのはインディーズとしては画期的であるとともに、SIEの貴重な開発リソースを一定程度、注ぎ込んだのだろうと窺い知れる出来事でした。

このペリフェラルはPS VR仕様であり、Farpoint専用ではもちろんないからです。

Farpointの成功は、「PSVR Aim Controller」の普及、そしてAAA FPSタイトルの獲得に直結しています。吉田修平氏も、直近のインタビューでAim Controllerのユニバーサルな利用に期待をかけていました。

本体同時ローンチではないと思われますが、FPSデベロッパーへ与えるインパクトは十分にあったと言えるでしょう。

更には、この第三のデバイスがFarpointと同時ローンチすることにより、いましばらくはPSMoveコントローラーがPlayStation VR ハンドデバイスの主役であることが明確になった、ということも言えましょう。

 

2016/02/19

プレス、ユーザー問わず多くのプレビューで触れられていることの一つが、PS Moveコントローラーの技術的問題です。

PS Moveコントローラーのデビューは2010年の秋、PS3の時代でしたが、搭載した二つのセンサーとLED発光器、グリップの良さとトリガーなどの操作のしやすさなどは現在でも十分使用に耐えうるものです。むしろ実際に3次元空間の中でトラッキングに利用することが可能になったPSVRの登場によって、ようやくその本領が発揮されようとしていると言ってもよいでしょう。

さてPSVRとともに開発されていたPS4では、デュアルショックコントローラーが新しくなりました。このDS4はMoveコントローラーより精密な測定が出来るセンサーが搭載されており、またMove同様にLED発光し、さらにタッチパネルもついています。DS4のVR用途においての性能は、センサーにおいてはMoveよりも上位にあると明言されていますので、Moveコントローラーが(他社のハンドコントローラーが製品化されている現在においては)繊細な動作を伝えるにはやや大きいこと、そして単純な棒状という形状が、VR体験においてゲーム開発者に一種の縛りを与えてしまっていることは、否定できない事実だと思われます。

SCEにおいてはPSVRローンチを迎える現在まで、既にグローバルなユーザー間に広まっているMoveコントローラーをブラッシュアップ、あるいは新しいハンドコントローラーに置き換えるというアクションは一切しない、と否定しています。

これはレガシーを最大限利用し、ただでさえコストがかさんでいるPSVRシステムの一層の価格上昇を抑制するためには、至極当然のことであると言えます。

しかしそれはそれとして、既にOculus Riftには評判の良いOculus Touchが、HTC ViveにはSteamコントローラーがそれぞれ開発され、リテールの段階近くまでブラッシュアップされている現状を見るとき、PlayStation VRの最も得意とする低レイテンシと高フレームレートによる快適なVR体験が、もはやレガシーの域に達する6年前の機材によって矮小化されることが少しでもあったならば、大変にもったいないことだと思われますし、SIE(SCE)が既に新しいコントローラー、ハンドデバイスの開発に取り掛かっていないと考える方が無理があるところです。

そこで、PSVRから始まる本格的なVRHMD製品の、ソニー社エコシステムの将来を見据え、ソニーが何を目指しているのかを予測してみたいと思います。

f:id:keepitreal:20160216010131p:plain

f:id:keepitreal:20160216010108p:plain

2015年10月初旬、ソニー本体はSoftkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)を買収したと発表しました。

ハンドデバイス、ハンドトラッキングの可能性を追求する際に避けて通れないのがKinectの中核特許(Prime Sense社)です。ソニーも他社と同様、この既存のコンシューマ技術を利用するわけにはいきませんでした。

そこで目をつけたのがSoftkinetic社で、その中核技術はToF方式の3Dジェスチャー認識デプス(深度・距離画像)センサーとSDKでした。既に2012年、赤外線LEDを利用した製品が民生品レベルの低価格(300ドル以下)で市場に出ていて、ToF方式のため高フレームレートであり、またKinect以上に非常に近い距離で測定できるため、全身の関節をカバーするとともに、手の指先と関節の位置も正確に計測できる様子が話題になっていたようです。

www.youtube.com

前年の12月には、Oculus VRはやはりハンドトラッキング関連のNimble VR社を買収しています。両社とも、ハンドトラッキング技術を自社VR製品に組み込む可能性はゼロではないということが出来るでしょう。

また、2月末現在、ソニー本体及びSCEの特許出願はとどまることなく次々に公開されています。その一部分が冒頭に提示した図です。

まず、上の図はこちらの特許公開にあたります。

http://www.freshpatents.com/-dt20150917ptan20150258431.php

回転可能に配置されたカメラとゲームデバイス、といったところです。

他にも重要なアイデアが次々に登録されているのですが、あまりに膨大なのでそれは別にまとめる必要があるでしょう。

ところで、昨年末に開催されたPlayStation Experienceでちょっとしたハプニングがありました。PlayStationVRの父ともいえる存在で、マジックラボのリーダーであるDr.リチャード・マークスのデモンストレーションが失敗したことです。この事態への弁明と解説はマークス氏自ら、翌年のVision Summitで開陳されていました。そのセッションの動画では、デモンストレーションしたかった内容とPSVRの可能性がかなり具体的に明示されており、以下の事が類推出来るのです。

それは、今年発売されるPlayStation VRとPlayStation 4、既存のMoveコントローラーの組み合わせで実現出来ている5つの技術的到達点です。

2人のPSVR装着者がオンライン対戦出来る。

そのマルチプレイにおけるレイテンシの除去。

ヘッドセットとMoveコントローラーから推定する全身のモーションキャプチャー

素早い動作へのトラッキングの追随。

全身のモーションキャプチャーを、PlayRoomVRで実装済みであるセパレートモードに出力する観客モード画面。

これらの要素が仮題"Disc Battle"に結実しています。率直に言って、昨年時点でデモプレイ程度は実用化段階にあり、本体ローンチ時点では別タイトルで発表があるかもしれません。

可能性の話ではなく、リリースするかしないかの判断であろうと思います。

"Chernobyl VR Project" 「チェルノブイリ・VRプロジェクト」 PlayStation VR 個人的に注目のゲームタイトル

f:id:keepitreal:20160503182111j:plain

ゲームではありません。どちらかというと教育プログラムです。しかし、広義の「遊ぶ」ことから敷衍すれば、VRで別の時間空間を疑似体験することは、なんであれ生存に必要不可欠でない行為です。ゲームといってしまっても構わないような気がします。

続きを読む

"Head Master" 「ヘッドマスター」 PlayStation VR 個人的に注目のゲームタイトル

f:id:keepitreal:20160309012848j:plain

http://headmastergame.com/

続きを読む